読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PPAP BOXをつくる / プログラミングをはじめる

「プログラムは思ったように動かない、書いたように動く」

むかしむかし10年以上も前に、高専出身の友人が私に教えてくれた言葉を今でも覚えている。春から夏に変わり、だんだんと蒸し暑くなってきた頃、エアコンの効いた涼しい部屋でパソコンの画面にポチポチと英語と数字の羅列を打ち込む授業があった。

簡単なコードを打ち込むだけの本当に基礎的な講座だったが、たった一文字でも間違うと先に進めない苦行だった。テレビゲームのスーパーマリオブラザーズに例えると、自分は何度も穴に落ち、敵にぶつかり、やみくもにBダッシュしてみたり、そもそもまともにジャンプができない状況だった。

「これはお約束で書く呪文です」と言われても、いったい何のための呪文なのか理解できず、気持ちが悪くて仕方がなかった。黒いスタート画面が、空と山が見える景色に変わり、リズミカルな音楽とともに、マリオが右に走り始めたところで、「ここでジャンプしてブロックを破壊してください」と先生が指示を出す。そんなブロックなんて、今はどうでもいいからとにかく先に進みたいのに、それは良くない事だと言われる。まずはキノコを取らないとあとで大変なことになりますから。 

周りの人々はさっさと課題を終わらせて教室を去っていくのに、自分は最初のステージすらクリアできなかった。先に進めないイライラから、適当にジャンプをしては敵にぶつかり、穴に落ちるということを延々と繰り返した。

隣に座っていた心優しい友人が、敵の倒し方や、穴の飛び越え方を教えてくれたが、それはまるで宿題をやらせようとする母親のようだった。自分の好きなようにやらせてくれ、もうほっといてくれと心の中では思っていた。 一刻も早く、ひとつも窓の無いエアコンのきいたこの無機質な部屋から出て、お外で遊びたい。

それ以来、自分はプログラミングというゲームがすっかり嫌になり、しばらく距離をおいていた。

ファミコン版のスーパーマリオブラザーズが世に出たのは1985年、それから30年が過ぎた2016年末に、iPhone版のスーパーマリオランがリリースされた。30年前はマリオを操作するのに、十字キーとAボタン、Bボタンの6種類のスイッチを押す必要があった。しかも驚いたことに両手で操作しなければならない。一方で2016年のマリオランでは画面を1か所をほんの少し触るだけでゲームを進めることができるようになった。もちろん片手の親指だけ、もしくはあなたが望む好きな指で遊ぶことができる。

今ならば1面の途中で挫折することなく、ゲームを進める事ができると思う。そういったわけで私はまたプログラミングに挑戦しようとしている。今回はクッパ城までたどり着き、ピーチ姫を助けられたらいいなと思っている。

 

 Making PPAP BOX / Get start programing 

"The program does not run as expected, it runs like it wrote"

Once upon a time, ten years ago, I remember this words. When it turned from spring to summer and it gradually became hot and humid, We entered the popup of English and numbers into the screen of the computer in the coled room.

It was a truly basic course just to type a simple code, but if I make a mistake in one letter, I can not proceed. It looks like Super Mario Brothers, I fell into the hole many times, hit the enemy, I could not jump straight in the first stage.

Even if teacher said "This is a spell written with promise", I could not understand what it was for, I was in a bad mood. The black start screen turns into a landscape with sky and mountain views, and Mario started running to the right with rhythmical music, the teacher instructs "Please jump here and destroy the block". I do not care about such a block.  I'd like to proceed anyway, but it is said to be wrong. First of all it will be a hard job if you do not take mushrooms.

Everyone succeed in clearing the first stage even though they finished the task quickly and left the classroom. From frustrated not to move forward, I jumped properly and hit the enemy and repeatedly ended falling in the hole.

A friendly gentle friend sitting next to me taught us how to defeat the enemy and how to jump over the hole, but it looked like a mother trying to do homework. I thought in my mind that I want to be alone. As soon as possible,I want to get out of an inorganic room without windows.

Since then, I've completely disliked the programming and kept a distance for a while.

The Nintendo version of Super Mario Brothers came into the world in 1985, and 30 years passed in 2016, the Super Mario Run was released for iPhone. Thirty years ago, in order to operate Mario, it was necessary to press the cross key, A and B button. And surprisingly I have to operate with both hands. Meanwhile in 2016 Mario Run, you can proceed with the game just a touch of one place. Of course you can play with one hand's thumb alone or with your favorite finger.

I think that now it is possible to advance the game without frustration beyond the 1st stage. That's why I am planning to challenge programming again. I hope to arrive at Kupa Castle and help Princess Peach.

 

f:id:eunoi11:20170311112907p:plain